大学生による全国大学巡り

大学生が全国の大学をマイペースに訪問し、マイペースにその様子を投稿していきます

大学巡り File 24 九州大学 伊都キャンパス

こんにちは!毎回のことですが今回は本当にひさびさの投稿になります。写真だけを貼り、ずっと下書保存していた記事をようやく執筆することができました!(サボっていただけです)

 

今回は福岡県福岡市西区にある九州大学伊都キャンパスを訪問します。訪問日は2019年8月です。(どれだけブログをサボっていたことか...もう1年以上前ですね。)

 

伊都キャンパスは九州大学のメインとなるキャンパスです。福岡市の中心部からは離れた場所に立地しており、博多から最寄りの九大学研都市駅までは約1時間、そこからさらにバスに乗った先にあります。九大学研都市駅JR九州筑肥線の駅ですが、福岡空港から博多、天神など福岡市の中心部を通り西へと向かう地下鉄空港線に直通しているので、距離は離れているものの都心部からの利便性は高いと言えます。


f:id:houmonki0505:20200922191441j:image

九大学研都市駅前から九州大学行きのバスが出ています。
f:id:houmonki0505:20200922141322j:image

 

伊都キャンパス内には複数のバス停があり、キャンパス内の目的地によって利用するバス停が異なります。バスが九大に近づくと、車内で九大の校歌と思われる曲が流れたのが印象的でした。
f:id:houmonki0505:20200427091909j:image

 

キャンパスの構内図がありました。広大な伊都キャンパスはセンターゾーン、ウエストゾーン、イーストゾーンの3つに分かれており、今回はイーストゾーンの「九大東ゲート」でバスを降りました。
f:id:houmonki0505:20200427092017j:image

 

バスを降りてすぐのところにグラウンドがありました。同行した筆者の友人の九大生によると、伊都キャンパスでは頻繁にイノシンが出没し、グラウンドが荒らされて部活が休みになったこともあるとか。(このグラウンドでは無いそうですが)

f:id:houmonki0505:20200427092101j:image

 

イーストゾーンの建物が見えて来ました。イーストゾーンには主に文系の学部、大学院が立地しています。また、工学部の建築学科もこちらにあります。

f:id:houmonki0505:20200427092131j:image

 

九大東ゲートから少し歩くとイーストゾーンのバス停がありました。
f:id:houmonki0505:20200427092213j:image

 

バス停の横に周辺案内図がありました。このように福岡市全体の地図で見ても、伊都キャンパスはかなりの面積を有することが分かります。単一のキャンパスでみると、伊都キャンパスの面積は国内1位です。

f:id:houmonki0505:20200427092245j:image

 

実は、かつて九大のメインキャンパスは福岡市中心部に程近い箱崎キャンパスでした。箱崎キャンパスの機能を順次伊都に移転し、伊都キャンパスが完成したのは2018年のことです。それまでの伊都キャンパス周辺は住宅地というより田園地帯でした。移転開始当初から伊都に通った学生は、周囲にスーパーやコンビニなどはほとんど無いなど店や住む家が少ない、学食に行っても(まだ学生が少ないからか)メニューの選択肢がほとんどないなど苦労したそうです。

 

ところが、キャンパス移転が進むなかで周辺は急速に開発されていきました。航空写真でみると、九大のすぐ南に住宅地が形成されているのが分かります。九大生の住宅は未だに供給不足気味で、現在も住宅建設は増えているようです。実際、筆者が宿泊した九大生の友人宅も、航空写真でみるとまだ反映されておらず、田んぼのど真ん中にありました。九大周辺の開発がいかに急速なのか実感した思いでです。

f:id:houmonki0505:20200922151001j:image

 

九大の移転にあわせて、住宅だけでなく、国道が延伸されて店も増えました。地元住民の生活も大きく変わったのでは無いでしょうか。面白そうなテーマなので、誰か、人文地理学専攻か、志望の方。興味が湧いたら研究フィールドにしてみて欲しいです。

 

さて、かなり横道に逸れましたが話をキャンパス訪問に戻したいと思います。伊都キャンパスのイーストゾーンに居ましたね。

こちらが、正面から見たイースト1・2号館です。

f:id:houmonki0505:20200427092313j:image

 

2号館内にある法学系の看板(掲示板)です。1、2号館ともに各部局の看板がこのようにあります。新しい建物だけあってスタイリッシュですね。2号館内には経済学系の部局もあります。
f:id:houmonki0505:20200427092430j:image

 

こちらは1号館内にある文学部系の掲示板です。1、2号館は中で繋がっています。
f:id:houmonki0505:20200427092352j:image

 

1号館内には購買もありました。九大はキャンパスが広い分、購買やコンビニなども豊富だという印象を持ちました。
f:id:houmonki0505:20200427092455j:image

 

2号館内の概観。やはり綺麗。
f:id:houmonki0505:20200427092535j:image

 

同じく1号館内のカフェテリア、「L-cafe」
f:id:houmonki0505:20200427092622j:image

 

1号館教育学系、工学部建築学科の看板。工学部でも建築学科だけがここイーストゾーンに立地しています。1号館にはこの他、比較社会系の部局が入っています。
f:id:houmonki0505:20200427092649j:image

 

1、2号館前のスペースはなんだか私立大学のキャンパスを彷彿とさせます。
f:id:houmonki0505:20200427092720j:image

f:id:houmonki0505:20200427092753j:image

 

かつての文部大臣かつ元九州帝大総長の松浦鎮次郎氏の胸像
f:id:houmonki0505:20200427092824j:image

 

同じくイーストゾーン内にある中央図書館方面へと繋がる階段。なんと、横にはエスカレーターがありました。国立大学構内でエスカレーターを見たのは初めてです!
f:id:houmonki0505:20200427092953j:image

 

中央図書館入口
f:id:houmonki0505:20200427092903j:image

 

中央図書館内の食堂、童夢カフェ
f:id:houmonki0505:20200427092929j:image

 

イーストゾーンの中央図書館からセンターゾーンへと向かいます。ガラス張りの通路からは椎木講堂が見えます。最大3000人収容可能なコンサートホールがあるとか。
f:id:houmonki0505:20200427093034j:image

 

少し進んで振り返ると中央図書館の外観が見えました。めちゃめちゃ大きいですね。
f:id:houmonki0505:20200427093057j:image

 

こちらはセンターゾーンの建物。ここセンター1号館では主に1年生の全学教育の授業が開講されます。
f:id:houmonki0505:20200427093136j:image

 

センターゾーン周辺の通路はイーストゾーンとは違い、吹き抜けになっていることが多いです。友人曰く、雨の日にここを通るのは地獄だとか。
f:id:houmonki0505:20200427093159j:image

 

センターゾーン内の九大生協関連施設の一つ、皎皎舎
f:id:houmonki0505:20200427093222j:image

 

総合体育館
f:id:houmonki0505:20200427093311j:image

 

続いて、ウエストゾーンへと向かいます。ウエストゾーンでは、理系の各部局の建物が横並びに並んでおり、それぞれの建物が繋がっています。横並びの建物の数は非常に多く、移動も大変です。

 

エストゾーンの建物は東(センターゾーンから見て手前側)から順にウエスト1号館、2号館、3号館、4号館と並んでいます。

 

エスト1号館。理学部系の部局が入っています。
f:id:houmonki0505:20200427093333j:image

 

エスト1号館周辺
f:id:houmonki0505:20200427093355j:image

 

エスト1号館の前にはビッグリーフという建物があり、モスバーガーや民間の食堂があります。国立大学内にモスバーガーがあるとは、衝撃です...しかもミールカードを使えるそうです。

f:id:houmonki0505:20200427093420j:image

 

こちらはビッグリーフの食堂の方
f:id:houmonki0505:20200427093444j:image

 

このように、建物間に複数階に及ぶ接続部を設けることで、屋内移動が出きるようになっています。こちらはウエスト1号館と2号館の間です。
f:id:houmonki0505:20200427093529j:image

 

エスト3、4号館には主に工学部系の部局が入っています。日が暮れて来ましたが夜間の外観は綺麗ですね。
f:id:houmonki0505:20200427093616j:image

 

エスト4号館付近の西講義棟1階のE-cafe(九大生協)
f:id:houmonki0505:20200427093659j:image

 

帝国大学時代の工学部の看板がありました。箱崎から持ってきて展示しているのでしょう。
f:id:houmonki0505:20200427093725j:image

 

伊都キャンパスは山の上にあるので、市内の方を見ると、少しですが夜景が見られました。
f:id:houmonki0505:20200427093816j:image

 

最後に、生協食堂で夕食を取ります。向かったのはセンターゾーン内の「ビッグさんど」です。生協なのでやはりメニューは他の大学と同じような感じです。
f:id:houmonki0505:20200427093842j:image

f:id:houmonki0505:20200427093906j:image

 

生協食堂の横(写真奥)にはローソンが併設していました。生協食堂の横なら生協購買かと思ったのですが、民間のコンビニが併設していて少し驚きました。
f:id:houmonki0505:20200427093931j:image

 

長くなりましたが今回の大学訪問は以上になります。自分のなかで、主要な国立大学はキャンパスが広くて建物が古い、私立大学はキャンパスが広くないが建物が新しいというイメージがあったのですが、九州大学伊都キャンパスは完成したばかりということもあって、広くて建物が綺麗という印象でした。キャンパス施設としては、とても素晴らしいと思います。

 

ではまた次回!

f:id:houmonki0505:20200427093954j:image

 

国立大学法人 九州大学

本部:〒819-0395  福岡市西区元岡744

https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/

大学巡り File 23 北海道文教大学

こんにちは!

大学も夏休みに入った今回、北海道恵庭市にある北海道文教大学を訪問しました。

 

北海道文教大学は、外国語学部と人間科学部の2学部を持つ私立大学です。そのほか、大学院としてはグローバルコミュニケーション研究科、、健康栄養科学研究科、リハビリテーション科学研究科、こども発達科学研究科の4つを設置しています。

 

最寄り駅はJR千歳線 恵庭駅です。札幌から新千歳空港へJRで行く途中の駅ですね。ここから新千歳空港までは15分ほどで到着します。

f:id:houmonki0505:20190821011802j:image

 

恵庭駅からは10分ほどの徒歩です。北海道らしい直線道路で、北海道文教大学通りと名付けられているようです。

f:id:houmonki0505:20190821014853j:image

f:id:houmonki0505:20190821014851j:image

 

しばらく歩くと、文教大のランドマーク的存在、「文教タワー」が奥に見えてきました。

f:id:houmonki0505:20190821015137j:image

 

ようやく到着。私の大学は既に夏休みに入っていますが、門からは学生の出入りが頻繁にありました。まだ授業期間なのでしょうか。

f:id:houmonki0505:20190821015323j:image

 

構内図がありました。

2学部の大学としてはかなり広いキャンパスで、施設数も多いと思います。

f:id:houmonki0505:20190821015555j:image

 

青色の「北海道文教大学」と書いた看板の付いている建物が図書館の入っている建物です。

文教大学内は建物が多いですが、ほとんどは写真のように渡り廊下でつながっています。真冬の移動にも便利ですね。

f:id:houmonki0505:20190821015750j:image

f:id:houmonki0505:20190821020129j:image

↑5号館と1号間を結ぶ渡り廊下

 

大学構内は、私立大学としては珍しく道路が整備されていました。私立大学の場合、構内は自転車を含め車両が立ち入れない場合が多いのですが、文教大では、構内で自転車に乗っている人も見かけました。

f:id:houmonki0505:20190821020251j:image

 

鶴岡記念講堂

建物内には、文教大創成期からの歴史を展示する、「鶴岡先生史料室」のほか、668名を収容できる大ホールがあるようです。

f:id:houmonki0505:20190821020704j:image

f:id:houmonki0505:20190821020526j:image

 

8号館

教室に加え、学生ラウンジも設置されています。

f:id:houmonki0505:20190821021241j:image

f:id:houmonki0505:20190821020941j:image

 

本館(6号館)

いわゆる「文教タワー」です。文教大のみならず、恵庭市全体のランドマークといった感じでしょうか。

建物は10階建てで、大講堂、研究室、和室、国際交流ホールなど多様な施設が入っています。
f:id:houmonki0505:20190821021328j:image

f:id:houmonki0505:20190821021325j:image

 

大学入り口付近には鶴岡学園(北海道文教大学の母体)設立者である 鶴岡新太郎・トシ夫妻の胸像がありました。

f:id:houmonki0505:20190821021637j:image

 

今回の大学訪問は以上になります。

ではまた次回!

f:id:houmonki0505:20190821021942j:image

 

[学校法人 鶴岡学園 北海道文教大学

本部: 〒061-1449

北海道恵庭市黄金中央5丁目196番地の1

 

https://www.do-bunkyodai.ac.jp

 

 

 

 

 

大学巡り File 22 東京大学 駒場地区キャンパス

こんにちは!

今回は東京都目黒区にある、東京大学駒場地区キャンパスを訪問しました。

 

最寄り駅は京王井の頭線駒場東大前駅です。

f:id:houmonki0505:20190603165313j:image

 

駒場東大前駅を出ると、すぐ目の前に駒場Ⅰキャンパスの正門が見えます。
f:id:houmonki0505:20190603165320j:image

 

駒場地区キャンパスは駒場Ⅰキャンパスと駒場Ⅱキャンパスとに分かれており、前者には教養学部と理学部数学科、総合文化研究科、数理科学研究科が入っています。

駒場Ⅱキャンパスはリサーチキャンパスと呼ばれており、生産技術研究所、先端科学技術研究センターなどが入っています。

f:id:houmonki0505:20190603170626j:image

 

東大の学部生は文科1〜3類、理科1〜3類という枠で入学するため、入学時に学部が決まっておらず、3年次に各学部に進振りという形で分かれます。専門の決まっていない1・2年生が所属するのが駒場にある教養学部です。

 

駒場Ⅰキャンパスのキャンパスマップ
f:id:houmonki0505:20190603165309j:image

 

時計台

1号館という名称があり、中には複数の教室があります。
f:id:houmonki0505:20190603165257j:image

 

駒場博物館の外観
f:id:houmonki0505:20190603165254j:image

 

駒場博物館は入場無料で一般公開されている博物館です。

 

オマーン国の歴史教科書の展示に興味を惹かれました。
f:id:houmonki0505:20190603165306j:image

 

中も広く、しっかりした博物館です。

博物館は駒場地区キャンパスだけでなく、東大のメインキャンパスである本郷地区キャンパスにも大きなものがあります。
f:id:houmonki0505:20190603165328j:image

 

先程の博物館は入口から見て右手にありましたが、反対の左手にも全く同じ形の建物がありました。こちらは講堂だそうです。
f:id:houmonki0505:20190603165244j:image

 

21 Komaba Center for Educational Excellence

目的教室・和室・身体運動実習室・音楽実習室などの設備があります。
f:id:houmonki0505:20190603165301j:image

 

生協の横にはレストランがありました。店舗のほとんどが生協の我が北大には絶対にない施設ですね。
f:id:houmonki0505:20190603165247j:image

 

駒場図書館
f:id:houmonki0505:20190603165324j:image

 

生協(購買)
f:id:houmonki0505:20190603165250j:image

 

購買内部の様子
f:id:houmonki0505:20190603165236j:image

 

生協(書店)
f:id:houmonki0505:20190603165240j:image

 

駒場池(一二郎池)

f:id:houmonki0505:20190603174540j:image

 

かつて駒場池周辺は立ち入り禁止だったそうです。今は小学生以下のみ立ち入り禁止のようですね。
f:id:houmonki0505:20190603174543j:image

 

駒場池は東大生のあいだで一二郎池と呼ばれているそうです。(本郷の三四郎池に倣って)

「入学前に一人で見ると浪人する」や「入学後に一人で見ると留年する」などといったジンクスがあるとか。

 

一二郎池というのは学生間での通称だったそうですが、学内公募により正式な愛称となり、看板にも明記されています。

f:id:houmonki0505:20190603174537j:image

 

それでは今回は以上です。

駒場キャンパスはまるで私立大学のように施設が新しく整っており、羨ましい限りです。

 

ではまた次回!

f:id:houmonki0505:20190603173559j:image

 

国立大学法人 東京大学

 

本部: 〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1

駒場地区キャンパス:〒 153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1

 

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/index.html

 

 

 

大学巡り File 21 北海学園大学 山鼻キャンパス

こんにちは!

今回は札幌市中央区にある北海学園大学山鼻キャンパスを訪問しました。

 

最寄りはじょうてつバス北海学園大工学部前です。札幌駅バスターミナルからバス一本で行くことができ、バスの本数も多いのでアクセスには困りません。

f:id:houmonki0505:20190515163622j:image

 

さて、北海学園大学といえば第6回でメインキャンパスである豊平キャンパスを訪問しました。ここ山鼻キャンパスは豊平キャンパスに入っていない工学部のみの単科キャンパスです。

 

入口には工学研究科と工学部の表記があります。

f:id:houmonki0505:20190515164130j:image

 

山鼻キャンパスの案内図があります。やはり工学部のみのキャンパスですから豊平に比べるとだいぶ小規模です。
f:id:houmonki0505:20190515164123j:image

 

大学生協の入っている課外活動・厚生施設棟
f:id:houmonki0505:20190515164115j:image

 

建物に入ってすぐ正面に購買、左手に学食が見えます。
f:id:houmonki0505:20190515164110j:image

 

単科キャンパスとしては営業時間は長い方だと思います。
f:id:houmonki0505:20190515164118j:image

 

食堂注文口
f:id:houmonki0505:20190515164126j:image

 

食堂座席。授業の多い時間だったのか、利用者は割と少なく空いていました。
f:id:houmonki0505:20190515164133j:image

 

2号棟。工学基礎実験室・演習室があるそうです。

f:id:houmonki0505:20190515164758j:image

 

1号館。材料実験室、土質実験室、低温実験室など。各種実験室他、大学院施設
f:id:houmonki0505:20190515164804j:image

 

2号館。事務室、図書室、PC教室。電子材料・デバイス実験室他、大学院施設
f:id:houmonki0505:20190515164801j:image

 

1号棟。オープンデザインスタジオ、共同研究センター、多目的研修室。
f:id:houmonki0505:20190515164754j:image

 

奥に見える建物(北海学園大学工学部と書いてある建物)が3号館。大型振動実験室、光学実験室、細胞培養室、生体計測実験室他、各種実験施設。

f:id:houmonki0505:20190515165640j:image

 

1つのキャンパスにとても多くの設備がまとまっているという印象です。

 

では今回は以上です。また次回!

f:id:houmonki0505:20190515165926j:image

 

[学校法人 北海学園 北海学園大学

本部: 〒062-8605 札幌市豊平区旭町4丁目1−40 

山鼻キャンパス:

〒064-0926札幌市中央区南26条西11-1-1

 

https://www.hgu.jp

 

 

 

大学巡り File 20 Universität Zürich/チューリッヒ大学

こんにちは!

 

今回もヨーロッパ編第二弾!

スイス連邦チューリッヒにあるチューリッヒ大学を訪問しました!

 

チューリッヒ大学は神学部、法学部、経済学部、医学部、獣医学部、哲学部、数学・自然科学部を持つ総合大学です。

レントゲンやアインシュタインなどの著名人が籍を置いた大学としても有名だそうです。

 

チューリッヒ大学はチューリッヒ中心部からほど近い場所にあり、私はチューリッヒ中央駅から徒歩で向かいました。

f:id:houmonki0505:20190423153725j:image

 

チューリッヒ中央駅

f:id:houmonki0505:20190423152827j:image

 

チューリッヒ中心部の様子(リンデンホフの丘より)
f:id:houmonki0505:20190423152814j:image

f:id:houmonki0505:20190423153250j:image

 

さて、大学へ向かいます。今回は徒歩で向かいましたがチューリッヒ市内には路面電車(トラム)が走っています。

f:id:houmonki0505:20190423152810j:image

路面電車(トラム)の最寄り駅、Kantonsschule 駅
f:id:houmonki0505:20190423152818j:image

 

Forschungsstelle für Sozial- und Wirtschaftsgeschichte (社会経済史研究センター)    

 https://www.fsw.uzh.ch/de.html

f:id:houmonki0505:20190423154603j:image

 

Asien-Orient-Institut(アジアオリエント研究室)

看板付近にはチューリッヒ大学の旗がたくさん掲げてありました。

https://www.aoi.uzh.ch/de.html

f:id:houmonki0505:20190423155545j:image

 

Rechtswissenschaftliche Fakultät(法学部)

https://www.ius.uzh.ch/de.html

f:id:houmonki0505:20190423155632j:image
f:id:houmonki0505:20190423155627j:image

f:id:houmonki0505:20190423160325j:image

 

Universität Zürich Zentrum (チューリッヒ大学本部)

f:id:houmonki0505:20190423162517j:image
f:id:houmonki0505:20190423162522j:image

 

Institut für Archäologie(考古学研究所)

写真に写っているのは考古学研究所の博物館への入り口。

http://www.archaeologie.uzh.ch/de.html

f:id:houmonki0505:20190423163012j:image

 

Universitätsspital Zürich(チューリッヒ大学病院)

http://www.usz.ch/Seiten/default.aspx

f:id:houmonki0505:20190423163803j:image
f:id:houmonki0505:20190423163806j:image

 

欧米の大学は日本と違って、明確な敷地区分は無く、街の中に大学の各種建物が点在しています。チューリッヒ大学も建物の目の前の道路にトラムの駅があり、少し歩くとすぐにチューリッヒのお洒落な街並みが広がっています。

 

大学側から市街地方面を望む

f:id:houmonki0505:20190423164206j:image

 

大学付近の街並み
f:id:houmonki0505:20190423164201j:image

 

少し歩くと飲食店の多いエリアに出ます。飲食店は多いですが、日本人から見るとスイスの物価はものすごく高いのでご注意を。

f:id:houmonki0505:20190423164209j:image
f:id:houmonki0505:20190423164157j:image

 

ではまた次回!

 

[Universität Zürich]

Rämistrasse 71 CH-8006 Zürich

https://www.uzh.ch/de.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学巡り File 19 University of Oxford/オックスフォード大学

こんにちは!

最近北海道から出ておらず、巡る大学ネタにも尽きておりました...

実は1月に北海道を出る機会があったのですが、成人式に出席するための出道だったので大学巡りをする時間がありませんでした。

 

というわけで今回はなんと海外進出しちゃいます!ブログ名が「全国」大学巡りなのに..というツッコミはご勘弁を。

 

今回訪れたのはイギリスオックスフォード市にあるオックスフォード大学です。

 

最寄り駅はGWR(Great Western Railway)のOxford駅です。

f:id:houmonki0505:20190302212524j:image

 

ロンドンのPaddington という駅から電車が出ています。ロンドンから電車で行く場合にはネットの事前予約料金か通常料金であるanytime feeを支払うのですが、事前予約しておけば電車の時間によってはかなり安くなるのでオススメです。

 

f:id:houmonki0505:20190302212805j:image

↑ロンドンのパディントン

 

パディントン→オックスフォード間はヨーロッパらしい風景が広がっています。

f:id:houmonki0505:20190302212934j:image

 

オックスフォード大学含め欧米の総合大学は「キャンパス」という大学の私有地があるというよりは大学を中心とする都市があり、その都市内に民間の店や家と大学の建物が混在しているというような形態が多いです。

f:id:houmonki0505:20190302213128j:image
f:id:houmonki0505:20190302213119j:image

↑オックスフォード市の街並み

 

英語圏最古、世界トップクラスのオックスフォード大学はカレッジ制を採用しています。

オックスフォードでいうカレッジとは、学寮のことで、学生は各カレッジに入り教職員や学生と寝食を共にする上で、各人が専門の学科で学ぶという形態だそうです。

 

Faculty of history https://www.history.ox.ac.uk/home

f:id:houmonki0505:20190302215022j:image

 

セント・メアリー教会

http://www.university-church.ox.ac.uk/

f:id:houmonki0505:20190302220205j:image

ラドクリフ・カメラ

隣のボドリアン図書館の閲覧室として使われているそうです。「カメラ」はラテン語で“部屋”の意味。今回は行けませんでしたが、先ほどのセント・メアリー教会(隣接)の塔に登るとラドクリフ・カメラが綺麗に見えるそうです。

f:id:houmonki0505:20190302220715j:image

 

オールソウルズカレッジ

https://www.asc.ox.ac.uk/

f:id:houmonki0505:20190302221349j:image

 

マグダレンカレッジ

http://www.magd.ox.ac.uk/

f:id:houmonki0505:20190302221656j:image

f:id:houmonki0505:20190302221820j:image

 

The Ruskin School of Art

http://www.rsa.ox.ac.uk/

頭がいいだけの大学ではありません。しっかり美術分野もカバーしているんですね。

f:id:houmonki0505:20190302222215j:image

 

さて、続いて向かうのは今回の大学巡りのメイン。クライストチャーチカレッジです!

https://www.chch.ox.ac.uk/

 

ここクライストチャーチカレッジはハリーポッターの撮影地として有名です。

 

クライストチャーチカレッジには入場料がかかるので有料ゾーンへ向かいます。f:id:houmonki0505:20190302222715j:image

f:id:houmonki0505:20190302223503j:image

 

クライストチャーチ正面外観

f:id:houmonki0505:20190302222925j:image

 

大広間へ向かう階段。ハリーポッターを観た方は分かりますよね!?

f:id:houmonki0505:20190302223058j:image
f:id:houmonki0505:20190302223110j:image

 

そして来ました!大広間!!!

まるでホグワーツに来ている気分です。f:id:houmonki0505:20190302223214j:image

f:id:houmonki0505:20190302223220j:image

 

クライストチャーチカレッジ内。おそらくハリーポッターの飛行訓練のシーンの庭かと。

f:id:houmonki0505:20190302223351j:image

 

クライストチャーチカレッジの有料ゾーンは日によって開館時間、開館場所が違うので事前に公式サイトでのチェックをするのがおススメです。

f:id:houmonki0505:20190302223707p:image

 

では今回はこの辺で。初の海外記事でしたがいかがでしたか?

 

ではまた次回!

 

[University of Oxford]

University Offices:Wellington SquareOxford
OX1 2JD United Kingdom

http://www.ox.ac.uk/#

 

 

 

 

 

 

 

 

大学巡り File 18 大阪大学 豊中キャンパス

こんにちは!

今回は前回に引き続き大阪大学を訪問します!

 

前回訪問したのは吹田キャンパスですが、今回は豊中キャンパスです。

豊中キャンパスには文学部、法学部、経済学部、理学部、基礎工学部が入るほか、1年次の一般教養科目が開講される全学教育推進機構などがあります。

したがって、豊中キャンパスに所在しない学部の学生も1年次は豊中キャンパスを利用し、2年次進級時にキャンパスを移動するそうです。

 

ではさっそく、大阪モノレール柴原駅で降り、豊中キャンパスへ向かいます。

f:id:houmonki0505:20181112203134j:image
f:id:houmonki0505:20181112203137j:image

 

柴原駅からキャンパス入り口までは目と鼻の距離でした。

 

駅構内の案内表示

f:id:houmonki0505:20181112203233j:image

 

吹田キャンパスは自然豊かな立地という印象でしたが、豊中キャンパスは周囲の車通りも多く、比較的栄えている立地だという印象を受けました。

 

柴原駅に最も近い柴原口からキャンパス構内へ入ります。

f:id:houmonki0505:20181112203403j:image

 

柴原口から入ってすぐのところに総合学術博物館の屋外展示がありました。総合学術博物館はキャンパスの北西に位置しているようです。

展示解説によると、これはサイクロトロンという荷電粒子を高いエネルギーに加速する装置だそうです。

f:id:houmonki0505:20181112203759j:image

 

構内図がありました。今回は柴原口から入りましたが、石橋口から入ると、阪急石橋駅が最寄りのようです。

f:id:houmonki0505:20181112203802j:image

 

理学系の建物がありました。ここは化学・高分子科学棟だそうです。

f:id:houmonki0505:20181112204320j:image

 

理学部

f:id:houmonki0505:20181112204452j:image

 

基礎工学部の建物群

f:id:houmonki0505:20181112204401j:image

 

基礎工学部というのは大阪大学の他に東京理科大学にもあるそうですが、珍しいものだと思います。

工学部が技術の応用を目的としているのに対し、基礎工学部は素材や基礎研究をするといった、工学部と理学部を融合させたような分野の研究をしているそうです。

 

文理融合型研究棟

上層に文系、下層に理系を配する配置だそうです。具体的にどのような研究をしているかは分かりませんが、文理融合研究は日本のアカデミックの弱点だと思うので是非研究が進んで欲しいですね。

f:id:houmonki0505:20181112205021j:image

 

吹田キャンパスはセブンイレブンでしたがここにはローソンがありました。

f:id:houmonki0505:20181112205435j:image

 

大学構内には道路が整備され、脇に木が植えられているのですが、綺麗に紅葉していました。この時期、私の住む北海道では紅葉が終わりかけていたのでちょっと得した気分です笑

f:id:houmonki0505:20181112205543j:image
f:id:houmonki0505:20181112205546j:image

 

小さな池の前に休憩所がありました。

f:id:houmonki0505:20181112205826j:image

 

国際公共政策研究科の建物に郵便局が入っていました。うちの大学構内にも郵便局を作って欲しい...

f:id:houmonki0505:20181112205956j:image
f:id:houmonki0505:20181112210045j:image

 

図書館下食堂というのがありました。

f:id:houmonki0505:20181112212316j:image

 

経済・法学部

f:id:houmonki0505:20181112210136j:image

 

豊中総合学館という建物の下にはテーブルと椅子がたくさんあり、学生の交流スペースとなっていました。

f:id:houmonki0505:20181112210333j:image

 

DonDonという生協の食堂。日曜だから閉まっているのかと思いましたが、どうやら2018年2月をもって閉店したそうです。

f:id:houmonki0505:20181112210440j:image

 

ここが現在営業している生協だそうです。

f:id:houmonki0505:20181112210718j:image

 

学生会館。サークル等が使用する建物ですね。

f:id:houmonki0505:20181112210827j:image

 

文学研究科の日本学棟。日本学の対象範囲がどこまでなのかわかりませんが、それだけで一つの棟があるのは羨ましいです。

f:id:houmonki0505:20181112211927j:image

 

学生交流棟という建物には生協の食堂や売店も入っているようです。

f:id:houmonki0505:20181112211041j:image

 

大阪大学会館

f:id:houmonki0505:20181112211144j:image

〈以下、大阪大学ホームページより引用〉

大阪大学会館は、これまで「イ号館」と呼ばれ、昭和3年(1928年)に旧制浪速高等学校の校舎として建てられ、学制改革により大阪大学に移管されました。以降、旧教養部の建物として、また、近年は、共通教育本館として使われ、平成16年(2004年)には、国の登録有形文化財建造物に指定されました。 大阪大学が創立80周年の節目となる年を迎えるにあたって、「阪大人の共通の思いを寄せる施設」、さらには、「大阪における学術の伝統を受け継ぐシンボル」として、社学連携、産学連携、国際連携に関するさまざまな活動が行われるように、平成23年、新たに「大阪大学会館」として整備されました。”

 

訪問時は何も知らずに写真を撮ったのですが、登録有形文化財に指定されるほどの歴史ある建物だったとは!

 

豊中キャンパスの案内板がありました。石橋口から入ると、ここが最初に目に入ります。

f:id:houmonki0505:20181112211639j:image

 

全学教育推進機構。一般教養の開講場所ですね。

f:id:houmonki0505:20181112211722j:image

 

全学棟の前はメインストリートが整備され、多くの人で賑わっていました。

f:id:houmonki0505:20181112211849j:image

 

中山池。吹田の犬飼池同様、ここにもキャンパス内に池があるのですね。

f:id:houmonki0505:20181112212216j:image

 

石橋口を出ると、公道に出るまでしばらくの間整備された道が続いていました。

f:id:houmonki0505:20181112212422j:image

 

整備された道が終わる地点にあるのが総合学術博物館。門の外にあるのですね。

f:id:houmonki0505:20181112212522j:image

では今回はこの辺で。

また次回!

 

国立大学法人大阪大学

本部: 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-1

豊中キャンパス:〒560-0043 大阪府豊中市待兼山

https://www.osaka-u.ac.jp/ja